三郷コンピュータグループは、『スーパーフォーム』をコアコンピタンスとした、他には真似のできない印刷とその特化した技術を存分に活かした企画力でお客様にソリューションをご提供いたします。三郷コンピュータグループは、『スーパーフォーム』をコアコンピタンスとした、他には真似のできない印刷とその特化した技術を存分に活かした企画力でお客様にソリューションをご提供いたします。

トピックス

2020.10.01 合併のご案内
10月1日付 三郷コンピュータホールディングス株式会社は、みさとみらい21株式会社を存続会社として合併しました。
社名は同日付けにて三郷コンピュータホールディングス株式会社に改称することとなりました。
これからもより一層のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。
2020.07.21 夏季休暇に伴う休業日のご案内
当グループでは下記の日程により夏季休業させていただきます。何かとご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解とご了承を賜りますようお願い申し上げます。
●三郷コンピュータホールディングス株式会社
 令和2年8月8日(土)~ 令和2年8月16日(日)
●MCP株式会社
 【営業部】令和2年8月9日(日)~ 令和2年8月16日(日)
 【製造部】令和2年8月8日(土)~ 令和2年8月16日(日)
●みさとみらい21株式会社
 令和2年8月8日(土)~ 令和2年8月16日(日)
●マナブ・エンドレス・プレート株式会社
 令和2年8月8日(土)~ 令和2年8月16日(日)
2020.06.29 三郷コンピュータグループ ホームページが新しくなりました。
これからもより一層のご愛顧をお願いいたします。
2020.03.01 持ち株会社 「三郷コンピュータホールディングス株式会社」設立に伴う社名変更について旧「三郷コンピュータ印刷株式会社」は「MCP株式会社」に、旧「有限会社みさとみらい21」は「みさとみらい21株式会社」に社名が変更となりました。
これからもより一層のご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

ごあいさつ

三郷コンピュータホールディングス株式会社 代表取締役 副田 学 取締役 経営企画室長 中野 雄大三郷コンピュータグループは、独自技術である長尺印刷「スーパーフォーム」をコアコンピタンスとして、ビジネスフォーム印刷を主体とした価値創造をお客様にご提供してまいりました。
今、社会を取り巻く環境の変化は著しく、コミュニケーションの在り方にも多様化が求められています。
そのような状況の中、デジタル革命と言われる現代において、グループ会社のノウハウを結集し、長年培ってきた印刷技術をベースにした新たな価値を提供することで、さらなる変革と挑戦が可能になると考えております。
このたび、企業ビジョンに掲げた
NEVER WALK ALONE (共に歩む) ”というスローガンと共に、皆様のビジネスパートナーとして、価値ある企業であり続けるためグループ一丸となって、新たな社会的価値を創造してまいりますので、これからの三郷コンピュータグループにどうぞご期待ください。
今後ともより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

三郷コンピュータホールディングス株式会社 代表取締役 副田 学 取締役 経営企画室長 中野 雄大

企業理念

三益一如

他人の立場や心情を察し、気持ちを一つにして社業発展に貢献する。企業として適正な利潤を上げ、お客様を第一に長期にわたり持続的な成長を追求すること。他人の立場や心情を察し、気持ちを一つにして社業発展に貢献する。企業として適正な利潤を上げ、お客様を第一に長期にわたり持続的な成長を追求すること。

  • ■ 社会益私たちは 社会的責任を認識し
    地球環境との調和をめざすとともに 公正で開かれた企業活動を行います
  • ■ 会社益私たちは 新たな可能性を拓くことにより
    企業の価値を高め 三郷コンピュータグループの永続的な発展を図ります
  • ■ 社員益私たちは 全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に
    働きがいのある企業風土をつくります

企業ビジョン

“NEVER WALK ALONE”“共に歩む”

社会が抱える事業活動の課題に取り組むための
ヒントの構築や、
それを実現するための技術力を
持ち続けるための研鑽と努力を惜しまず、
ビジネスパートナーとして関わる全ての企業と
社員の力を合わせ、
持続可能な社会の実現に向けて
“共に歩んで”いきます。

三郷コンピュータグループについて三郷コンピュータグループについて

  • 三郷コンピュータホールディングス株式会社 グループを統括する持ち株会社三郷コンピュータホールディングス株式会社 グループを統括する持ち株会社
  • MCP株式会社 ビジネスフォームをメインとした製造部門MCP株式会社 ビジネスフォームをメインとした製造部門
  • マナブ・エンドレス・プレート株式会社 殊技術を持った製版部門マナブ・エンドレス・プレート株式会社 殊技術を持った製版部門

SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みSDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会の共通目標です。三郷コンピュータグループは、これまで行ってきた事業にまつわる取り組みの水準を、より一層高めることでSDGsに真摯に取り組んでまいります。

■環境
~CO2排出量を減らし地球環境保全に努めます~

関連するSDGs目標

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を

【工場内LED照明化】
当グループでは環境経営を進めることを目標に2010年より工場内の照明をすべてLED化いたしました。地球温暖化の原因となるCO2排出削減に配慮した製品作りを進めるとともに生産性向上、エネルギーコスト削減に努めてまいります。

■環境
~大気への悪影響を及ぼすVOC排出を抑制し
クリーンな空気のために~

関連するSDGs目標

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を

【ノンVOCインキによる印刷とインキ飛散防止】
印刷インキには主に、大気汚染の原因物質となる揮発性有機化合物(VOC)含有率の低いノンVOC UV印刷用インキを使用しています。独自の「樹脂凸版輪転印刷」方式はインキミスト(印刷する際、空気中に発生するインキの飛び散り)の発生がないため従業員の健康を守るだけではなく、印刷機や工場内はインキ汚れのないクリーンな環境を維持することができます。
これらのことが可能となるのは、印刷機を弊社で構想・設計から着手し、機械メーカーと創り上げたオリジナルの「樹脂凸版輪転印刷」方式であるからと言えます。従業員の健康のみならず地球環境にもやさしい印刷を目指しています。

■環境・地域社会
~安全・安心の住環境を創っています~

関連するSDGs目標

  • 8 働きがいも経済成長も
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任 つかう責任

【騒音対策・空調対策】
私たちの印刷工場には住宅が隣接しています。近隣住民の方々に安全・安心に住み続けられる環境を提供しなければなりません。そのための取り組みとして、工場内の騒音が外に漏れないようにするサイレンサー付きの吸排気ダクトを設置しております。さらに、湿温度管理の徹底を図るためUV装置からでる熱は外気を直接取り入れそのまま排気するため、工場内の空気中のチリやほこり、臭いがでないクリーンな環境を整えています。印刷においてはビジネスフォーム印刷特有である「マージナルパンチ」を入れる際、空気中に舞う紙粉の出にくい「ストレートピン」を採用することにより、従業員の健康をも考慮した働きやすい環境を進めています。

■環境・水質保全
~水にやさしい印刷をしています~

関連するSDGs目標

  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 14 海の豊かさを守ろう

当グループが製造に使用する樹脂凸版輪転印刷方式は印刷時に水を必要といたしません。有機溶剤などの使用量は、一般的なオフセット印刷やグラビア印刷に比べ非常に少なく済み水質汚染を抑制、水資源の節約、従業員の健康維持に有効な印刷方式と言えます。

■社会・教育への貢献
~紙を無駄にしない、リサイクルへの取り組み~

関連するSDGs目標

  • 4 室の高い教育をみんなに
  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 15 陸の豊かさも守ろう

子供から大人まですべての人へ学習機会を提供したいという思いから、私たちの得意とする蛇腹加工による「ジャバラメモ帳」などを地元商工会で主催するイベントなどで無料配布しています。これはリサイクル処分となる紙を製品として生き返らせるアイデアとして工場で働く社員が考えたことです。仕事の合間を縫って生涯学習のお役に立てればという思いで製造しています。